*

キングダム ネタバレ 406話【別れ】の感想

   

 

キングダムネタバレ406話

 

毎週木曜恒例、キングダムネタバレ406話感想記事。は・じ・ま・る・よー!!

キングダムの悪の華《太后》が取り乱す!そして遂にファルファルが・・・

 

SPONSORED LINK

 

キングダム 第406話 【別れ】

 

 

呂不韋がアイ国を訪れた真意とは・・・

 

ここは趙の邯鄲。

ここには宝石のように美しい一人の舞妓がいた。清純と貴品に満ちた美貌を持つ絶世の美女は“邯鄲の宝石”と称され人々に愛されていた。

彼女を手に入れようと各国の賽人達が躍起になっていたのだが、今日はいつもと違う贈り物が届いていた。

 

「このお花素敵・・・」

 

そこにあったのは、壁一面に散りばめられた花束。しかも所々宝石が散りばめられている。

 

「このお花はどなたから・・・?」

「あそこにいる御仁じゃよ」

 

そこにいた背の高い男が口を開いた・・・。

「次からは舞台上を彩らせてください。それでもあなたの輝きの前には足元を照らすほどにしかなりませんが」

「3国にまたがり行商をやっている呂不韋と申します。お会いできて光栄です。“邯鄲の宝石よ”。」

 

 

・・・。

 

 

そんな出会いから月日は流れ、今二人はアイ国の玉座前に居た。

人払いまでして二人きりになった呂不韋と太后。太后が用件を問いただすと呂不韋はこう答えた。

 

 

呂不韋

「棘だらけだ。刺が刺さり続けその痛みで“邯鄲の宝石”の輝きはもうない。」

 

 

怒る太后。

 

 

太后

「どの口が言ってんだよオマエ・・・」

 

呂不韋

「他人のせいにするな。弱き者は食われる時代だ。男でも女でも。だがそなたが望むなら刺さった刺を一つ一つ抜いてやらぬこともない。刺した張本人として。」

 

 

ここで太后の怒りが頂点に達した。

 

 

太后

「今更呂不韋に頼み事なんて1つもねぇよ!だから咸陽を出てアイ国を作ったんだ。」

「好いた男と好き放題やってここで暮らす。」

 

 

ロウアイは呂不韋より100倍も優しいし“あれ”も凄い。政の顔も呂不韋の顔も見るのはうんざりというのだ。

呂不韋はそんなの当時の私達と比べたら戯言に過ぎない。というが太后は聞く耳を持たない。

 

 

太后

「サッサと用件を言え」

 

 

呂不韋

「そんなものはない、政治の話なんかよりもっと大事な話を言いに来た。」

 

「恋人としての別れ話だ。」

 

 

 

別れ・・・そして秦国二人目の

 

呂不韋

「恋人としての別れ話だ」

 

太后

「!?」

 

呂不韋

「おそらくコレが本当の別れ。ワシの心にはずっとソナタ(太后)のところにあった。荘襄王に献上した時も、趙に置き去りにしたときも、変貌した醜悪さに眉をひそめた時も。出会った時からソナタを愛している。」

 

 

驚きのあまり動けぬ太后。

 

 

呂不韋

「去らばだ太后!どうかここで静かに余生を過ごせ。」

 

 

 

呂不韋はアイ国を後にした。

 

太后はなんにも言えなかった。引き止めるわけでもなく、ただただ立ち尽くすのみ。

怒りや驚きだけではなく、もしかしたら嬉しさも混じっていたのかもしれない。

 

 

太后

「何なんだよあいつは!!ちっきしょう!!!」

 

 

呂不韋はアイ国を背にしながら思っていた。

(・・・別れても愛しているぞ美姫。たとえこれからさらにソナタに恨まれようともな・・・)

 

 

 

場所は代わり秦国最前線地、著雍。

 

この著雍の地で、簡易的ではあるが論功式典が行われようとしていた。

著雍での勝利。さらには築城、軍事基地としての塁を広げた功績だ。

 

なぜ簡易的かというと、北にアイ国。南に楚が攻めてくる中、咸陽に将を集めては著雍が危ないとのことからだった。

 

 

録嗚未と隆国は騰が素直に引き受けたことが驚きのようだ。

 

 

 

将軍、騰。

蒙武に続いて秦国二人目の【大将軍】に任命される。

 

キングダム第406話 完

 

 

私の感想

 

「あれ?昼ドラ?」

そう思ってしまっても仕方がない回であった。

 

私が見て素直に思ったことは。。。

「あれ?太后様可愛い・・・」

あの悪魔の様な人間離れした彼女が、今回凄い親近感がわいたのは私だけであろうか?

 

今回の太后の複雑な感情・・・これは現代でも十分にありえることだし経験した方も、もしかしたらいるかもしれない。

 

本気で好きだった相手が全然相手にしてくれないためしょうがなく別れ、なんとなくいい感じの異性と付き合った数年後。

ほんとに好きだった人から「ずっと好きだった」なんて言われたら・・・俺も「何なんだよチキショウ!!」となるだろう。

 

太后の場合はそのふてくされが“国を作る”というレベルなのがおもしろい(●´ω`●)

今後どんどん昼ドラ化してきそうだな☆

 

そして、私がキングダムのなかで大好きなイベント。『論功式典』!!

 

信くんの時はほんと自分のことのように嬉しくなった。

最初の式典の際、政君から「ありがたく」と宝剣をもらったシーンは私のキングダム大好きシーンのBEST5に入るぐらい好きなシーンである。たまんないよね!!!

 

今回うちの嫁さんが大好きなファルファルが遂に大将軍になった。

騰が臨武君をファルった時、涙を流した女もうちの嫁ぐらいだろう 笑

 

そして来週は王賁、信も論功式典で賞されるはず。二人共大将軍級の首級をあげたからな!

信くんは5000人将になるのか・・・(現在飛信隊は信4千人、羌カイ1千人の5千人隊)

 

乞うご期待だな!

 

 

 -キングダム・・・ネタバレ

スポンサーリンク
 

  関連記事

キングダム ネタバレ 416話【伏兵の場所】の感想

2015年初のキングダムネタバレ記事! 今回の416話でついに反乱軍迎撃の軍が明らかになるぞ! 飛信

キングダム ネタバレ 414話【三方ゆずらず】の感想

キングダム414話の感想・ネタバレ記事だ!! いつも後手後手に回っていた大王様だったが 遂に太后、呂

キングダム ネタバレ 404話の感想

毎週木曜恒例キングダム404話を読んだ感想記事だ。 ガンガンネタバレするので単行本楽しみの方は要注意

キングダム ネタバレ 421話 【二の舞】の感想

  毎週木曜日恒例キングダムネタバレ感想記事! 今週は421話【二の舞】のネタバレ感想だ。

キングダム ネタバレ 424話【夢のような国】の感想

    毎週恒例キングダムの感想記事だ! 今回は424話【夢のような国】の感想記

キングダム ネタバレ 420話 【袂を分かつ】の感想

  読んだ!? もう読んだ!!?   キングダム420話【袂を分かつ】感想記事だ

キングダム ネタバレ 418話【初体験の只中】の感想

  毎週木曜日恒例キングダムネタバレ記事感想!! 本日は418話【初体験の只中】。 &nb

キングダム ネタバレ 423話【天下の起源】の感想

  二週間ぶりのキングダムネタバレ感想やってまいりました! 今回は第423話【天下の起源】

キングダム ネタバレ 410話【二つに一つ】の感想

遅れてすまない!! キングダム410話のネタバレ感想記事だ! オイ虎歴!!オマエ最悪じゃー!ヾ(*`

キングダム ネタバレ 403話の感想

毎週木曜恒例、キングダム403話を読んだ感想記事である。 ネタバレガンガンなので、楽しみにしてる人は

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

キングダム ネタバレ 426話【人の本質】の感想

  毎週恒例キングダム感想記事だ!   今回は第426話【人の本質】だぞ。 呂不

キングダム ネタバレ 425話【正しい感情】の感想

毎週木曜恒例キングダム感想記事だ。 今回は425話【正しい感情】の感想記事だぞ。   飛信

キングダム ネタバレ 424話【夢のような国】の感想

    毎週恒例キングダムの感想記事だ! 今回は424話【夢のような国】の感想記

キングダムは“音”も面白い!

    魅力的なキャラクターがたくさんいるキングダム。 私は前から気になっていた

キングダムに出てくる莫耶・干将ってほんとにあったの?

キングダムの主人公 信とキャラ被り気味な 楚の項翼がもっている莫耶刀。   それと干将の2