*

キングダム ネタバレ 412話【加冠の儀】の感想 

      2014/12/07

キングダム ネタバレ 412

二週間ぶりのキングダムネタバレ記事投下!!

遂に412話“加冠の儀”が始まった!!

各国の要人は秦国王・嬴政をどう見るのか・・・?

そしてアイ国の動きに注目だ!!!

 

SPONSORED LINK

 

加冠の儀の本当の意味

 

古都【雍】。

加冠の儀は毎回必ず雍の宗廟(そうびょう)で行われる。

※宗廟・・・中国において、祖先を祭った建物

 

この宗廟を代々守っている一族が嬴政に何故加冠の儀が雍で行われるか教えていた。

 

宗廟守人

「加冠の儀は国内外の人民に成人した王の誕生を示す政治的な式典と思われますが、そうではありません。」

「この儀は成人した王の誕生を天に昇ったかつての秦王の皆様に認めていただくためのものです。」

 

嬴政

「・・・そうか。」

 

宗廟守人

「我々一族は代々宗廟を守っている故わかります。」

「今朝から皆々様が大変慶んでおられまする。」

 

「改めて、加冠の祝いおめでとうございます大王様。」

 

嬴政

「・・・ありがとう。」

 

かつての秦王達の加護を受けながら、遂に嬴政は“加冠の儀”が行われるキ年宮へ向かった。

 

 

キ年宮に集まる各国の要人達。

 

天井高くゆうに200人は入るであろう美しきキ年宮に壁はいた。

壁は参列者が異常に多いことに驚いていた。

「その理由は六国の使節団も参列しているからだ」と昌文君。

 

楚からは王族の一団。

趙からは相国。

燕・斉も王族。

韓からは宰相が来ている。

 

これほどの顔ぶれは戦神・昭王以来という。

※戦神の時は楚の春申君が来たと史記に記されている

 

これは祝いに来たわけだはない。

“各国の目”として秦国の王がどれほどの人物が推し量りに来たのだ。

 

しかし、昌文君はだからこそ意味があるのだという。

今日ここで、中華七国の目で大王様が秦国の紛れも無い君主であると認識されるからだ。

 

そこに、アイ国騒動を起こしている太后、そして呂不韋もキ年宮に姿を表した。

各国の要人たちもこの2人の大きさに警戒を隠せない。

 

昌文君・昌平君も席につき、遂に嬴政がキ年宮に姿を現す。

 

 

嬴政を見た各国の要人たちの反応、そして函谷関に初めて・・・

 

嬴政がキ年宮に姿を見せた。

ゆっくり舞台に近づき、一段一段ゆっくり玉座に登っていく。

その姿を見る昌文君の目には涙が溜まっていた。

 

そして、段の最上段、皆がいる方を振り向いた瞬間・・・。宮内の空気が変わったのをそこにいる皆が感じた。

 

「あれが第31代秦王 嬴政か・・・」

 

楚の要人

「楚王のような威圧ではない・・・。しかし何だこの包み込んでくるような・・・」

 

その他の国の要人も嬴政の神々しい姿に息を呑んだ。

 

「サイを救った英雄王。これまで数多くの王を見てきたが、なるほど・・・この王は他と違うぞ。」

 

さらにキ年宮の作りからなのか。日光の光が嬴政を包み込みまるで、秦王が光をまとっているように見えた。

 

そして遂に嬴政の前に“冠”が運ばれてきた・・・。

 

 

一方、そのころ函谷館の前には大量の軍が。

その軍はもちろんアイ国の反乱軍である。

 

先頭には樊於期将軍とその息子。

アイ国とはいえ、秦国民。

 

その軍は秦の敵として初めて函谷関を悠然と通って行ったのであった。

 

キングダム412話 完

 

 

キングダム412話 中年の感想

 

遂に、遂に加冠の儀が始まった!!!

政かっこ良すぎだぜぇ・・・(●´ω`●)

 

久しぶりに何も考えずただただかっこいい姿を見れた回であった。

 

なんか最近、いい意味でキングダム見るの疲れちゃって(^▽^;)

多分、ほんとの純粋悪がいないからであろう。

 

呂不韋も男からみたら憧れるほどの出世劇だし、太后とロウアイも反乱の真実は安住の場を探しているだけ。

政は言わずもがな戦争を収めるための中華統一。

 

・・・。

 

 

うん、全員かっこいい。かっこいいんだよ!!

 

私の理想はただただ樊於期率いるアイ国反乱軍が潰れること。それだけだよ。

 

あっ、ちなみに樊於期という男、実際に存在する。

 

樊於期は秦国の将軍だったが、始皇帝と意見が合わず樊於期の一族は始皇帝の命で滅せられてしまい、樊於期は燕に亡命した。

 

燕の太子丹は秦国の勢いを恐れ、始皇帝暗殺を荊軻(けいか)という男に頼むのだが、用心深いことで有名な秦王。

 

とても面会など出来やしない。そこで荊軻は樊於期の首を手土産にどうか?と太子丹にきいた。

 

太子丹

「さすがにそれは樊於期ちゃんかわいそすぎるでしょ(;´∀`)」

 

荊軻

「そおっすよね・・・でも一応樊於期にきいてみますわ。」

「樊於期さん・・・気の毒な案ですがどうでしょう?無理にとは言いませんが・・・。」

 

樊於期

「わたしの首で我が一族の無念が晴れるのならば・・・」

 

というちょっと可愛そうなやつなのだ。

しかも樊於期の首を持ってした暗殺も失敗するというおまけ付きである。

 

咸陽の反乱の後に樊於期は燕に逃げるかもしれんね。

 

とりあえず、今回の加冠の儀の注目ポイントはこの2つ。

 

・呂不韋はなにをするのか

。咸陽にはどの軍が守っているのか

 

ここに注目しておこう!!

なんか昌平君がやってくれそうなきがすんだよなぁ~( ̄ー ̄)ニヤリ

 

以上、【キングダム ネタバレ 412話【加冠の儀】の感想】でした!

 

《キングダム豆知識はこちら♪》

 

 -キングダム・・・ネタバレ

スポンサーリンク
 

  関連記事

キングダム ネタバレ 405話の感想

遅れて申し訳ない!!! キングダムのネタバレ感想記事、第405話【新しい国】。 ネタバレガンガンなの

キングダム ネタバレ 404話の感想

毎週木曜恒例キングダム404話を読んだ感想記事だ。 ガンガンネタバレするので単行本楽しみの方は要注意

キングダム ネタバレ 403話の感想

毎週木曜恒例、キングダム403話を読んだ感想記事である。 ネタバレガンガンなので、楽しみにしてる人は

キングダム ネタバレ 419話 【立つ男】の感想

    キングダムを読んだ感想記事だよ! ネタバレを含むから読む人は気をつけてな

キングダム ネタバレ 420話 【袂を分かつ】の感想

  読んだ!? もう読んだ!!?   キングダム420話【袂を分かつ】感想記事だ

キングダム ネタバレ 411話【雍に集う】の感想

  毎週木曜日恒例キングダムのネタバレしちゃう感想記事だ! 本日は411話、【雍に集う】。

キングダム ネタバレ 407話【五千人将】の感想

きたきたきたーーーー!! キングダム第407話【五千人将】のネタバレ記事だよん♪ タイトルで大体内容

キングダム ネタバレ 425話【正しい感情】の感想

毎週木曜恒例キングダム感想記事だ。 今回は425話【正しい感情】の感想記事だぞ。   飛信

キングダム ネタバレ 409話【何もない男】の感想

  毎週木曜恒例キングダム409話の感想記事だ!! ネタバレガンガンなので単行本を楽しみに

キングダム ネタバレ 421話 【二の舞】の感想

  毎週木曜日恒例キングダムネタバレ感想記事! 今週は421話【二の舞】のネタバレ感想だ。

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

キングダム ネタバレ 426話【人の本質】の感想

  毎週恒例キングダム感想記事だ!   今回は第426話【人の本質】だぞ。 呂不

キングダム ネタバレ 425話【正しい感情】の感想

毎週木曜恒例キングダム感想記事だ。 今回は425話【正しい感情】の感想記事だぞ。   飛信

キングダム ネタバレ 424話【夢のような国】の感想

    毎週恒例キングダムの感想記事だ! 今回は424話【夢のような国】の感想記

キングダムは“音”も面白い!

    魅力的なキャラクターがたくさんいるキングダム。 私は前から気になっていた

キングダムに出てくる莫耶・干将ってほんとにあったの?

キングダムの主人公 信とキャラ被り気味な 楚の項翼がもっている莫耶刀。   それと干将の2